Download


FilmLight Colour Awards

FilmLightのCEOであるウルフギャング・レンプ(Wolfgang Lempp)は、新しいFilmLight Colour Awards 2021を立ち上げた原動力とインスピレーションについて次のように述べています。

フィルムライトでは、20年近くカラリストにサービスを提供してきましたが、私たちの成功はカラリストのクリエイティブなスキルに完全に依存しています。彼らは私たちの開発を推進し、より良い、より速い、より反応の良い技術を求めて私たちの努力を促し、仕事の結果で私たちを喜ばせてくれます。

それにもかかわらず、カラリストの役割は、そうあるべきと思われるほどには認識されていません。この役割は、限られたツールを使ってショットのマッチングとバランスをとることを主な仕事としていたフィルム時代のカラータイマーをはるかに超えています。

今日、カラリストはパワフルでクリエイティブな役割を担っています。うまくいったときには、カラリスト、撮影監督、監督が協力して作品のルックを作り上げます。このルックは、すべてのショットの雰囲気をさりげなく演出します。うまくいけば、カラーグレーディングはプロットを強調し、ストーリーテリングに積極的に貢献します。

コラボレーションと言いましたが、これはColour Awardで評価されるべき重要な要素です。DPとカラリストの間に神話的な戦争を起こし、一方が他方の仕事を元に戻そうと争うのは、あまりにも簡単なことなのです。そのような状況はめったにありません。ディレクター、撮影監督、カラリストの誰もが、最も幸せなプロジェクトと最も成功した結果は、全員がアイデアとビジョンを共有した結果であると言えるでしょう。

認知度の低さとコラボレーションの力強さが、私たちが新しい賞を創設する理由です。FilmLight Colour Awardsは、どこでどんな技術が使われたかにかかわらず、最高の作品を評価し、称えるものです。

これは、技術間の競争ではありません。FilmLightでは、市場に他のシステムがあることを認めています。それらのシステムにも強力な支持者がいて、大きな成功を収めています。ですから、あなたのグレーディングパネルの下にあるものが何であれ、作品が良ければ、私たちはそれを見たいのです。

この賞は人々のためのものです。グレーディング・コミュニティ、ポストプロダクション・コミュニティ、そして映画やプレミアム作品を愛するすべての人々の広い世界で認知され、称賛されることを目的としています。

また、私たちはこのアワードを真にグローバルなものにしたいと考えています。ロンドンやハリウッドでの最新作が話題になっているかもしれませんが、世界中の何千もの施設で画期的で創造的な仕事が行われていないわけではありません。私たちの賞が、これまで軽視されてきた市場に光を当てることができれば、それに越したことはありません。

なぜ今日、この賞を創設するのが適切なのでしょうか?私の考えでは、カラリストの役割は進化と成長のスピードが速く、彼らを表彰するのにこれほど適した時期はありません。カラリストが1日がかりのグレーディングの最初にCMの素材を見たり、映画のグレーディングのためにロックされた編集を受け取ったりする時代はとうに終わっています。

今日、コラボレーションの中心となるのは、カラーリストがプロジェクトの最初から最後まで関わることです。カメラやレンズのテストにも参加しますし、撮影や照明についても意見を述べますが、もちろん撮影監督の技術の邪魔になることはありません。

エフェクトを多用するプロジェクトでは、CGIチームと協力して、すべてがスムーズにまとまるようにする必要があるかもしれません。また、合成を担当することもあります。今日のトレンドは、LEDボリュームでライブピクセルを撮影し、バーチャルリアリティをリアルタイムで表現することですが、カラリストは、LEDスクリーンがもたらす技術的な問題を隠しながら、前景と背景がシームレスに組み合わさるようにしなければなりません。

そして、素材が撮影され、マスターグレードが完成すると、カラリストにはさらにもうひとつの仕事があります。HDRとSDRの劇場公開作品、そして市場によってはフィルムプリントもあり、さらにHDRとSDRのビデオフォーマットなど、さまざまなものがあります。カラリストは、最初から最後まで作業に関わることができる数少ない存在なのです。

私たちは、FilmLight Colour Awardsが毎年期待されるイベントになることを目指しており、プログラムとその範囲が有機的に成長することを予測しています。初年度は、4つのカテゴリーの賞を用意しました。

カテゴリー: イベント   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

プレスコンタクト

お客様の作品情報などをお寄せください。プレスリリースやケーススタディについては下記にご連絡ください。

松井 幸一
Eメール: [email protected]

Alexa Maza
Eメール: [email protected]

最近の投稿


sitemap | accessibility | [email protected]
© 2021 FilmLight Ltd. All rights reserved | Legal notice | RSS Feed